Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能実現を舐めた人間の末路

不穏なタイトルからスタート。

「元々のプロジェクト計画(見積り、目標QCD設定等)に無理があった」
2012 年度「ソフトウェア産業の実態把握に関する調査」 調査報告書 より
http://www.ipa.go.jp/files/000026799.pdf

既知のI氏の言葉であるが、
「開発は計画が90%、のこりは粛々と進めればプロジェクトは成功」
その通りだと思う(粛々という言葉が狩られそうな時勢ではありますが)。

しかし、QCDの設定を誰かが間違えていた場合、プロジェクトの不成立確率は跳ね上がる。

顧客目線からは、機能を実現できること、そのうえで性能、安全、安心が保障できること。
が要求の順位付けである。機能ありきのシステムにおいて追加の要求を求めるのである。
(例えば安全前提であるなら本質的に安全な状態、つまり何もしないことが安全であるためナンセンスであると考える)

そうすると自ずとわかることであるかもしれないが、機能を実現することをまず第一優先として開発を進めるべき。


わき見運転や、ながらスマポが危ないと言われるのは、本来の目的行動(運転や歩行)が他への注目で阻害されるためである。

レストランでコース料理がきっちり出てきたときには客としてはとてもうれしい。
これは料理人を含めレストランというサービスの提供集団が
・コース料理を提供する
・コース料理を提供するための下準備(仕入れ、仕込み)をきっちりやる
・給仕のタイミングを図る
といった「顧客要求を満足させるための計画」があってこそ成り立つのである。

居酒屋などで料理が来ないとか、オーダーが遅いとか、イラリンコされた方も多いと思いますが、
客の欲しい「飲み物や料理の提供」についてのQCD設定および計画の甘さが、そのまま顧客の不利益に繋がっているという好例であろう。


人はとかく、自分のことに精いっぱいになってしまう性質をもっているものである。生来から、生物的にそうなんだから仕方がない面もあるのである。しかし、顧客もまた金に対する対価を求めるのも資本主義という我々の限られた世界の中での理でもある。制限された世界で生き残るための生存戦略として、顧客の要求することに応えることは理に適っているだろうか?是非考えてみたい。

さて、機能実現を舐めた人間の末路についてであるが、親愛なる諸兄諸氏には私のような偏屈なエンジニアに成って欲しくないと深く願うものである。自分のやりたいことだけで世の中がうまく動くと思っていたアホタレの自戒として受け取っていただければ幸甚である。

コスト削減は二度死ぬ

日本で30万人いると言われている、組込みエンジニアの皆様こんばんは。
ひっそりとブログを復活させてみました。

さて、コスト削減に悩む貴方に朗報です。
コスト削減における幻影について少しお話ししましょう。

コスト削減のときに新技術を導入しますか?しませんか?
私の経験上、新技術、特に新しい手法を入れた場合「かならずコスト増加」します。

なぜか?
実際に開発現場で使ったことが無い新しい手法は、適応方法がわからずとん挫します。

おい秀さん、そりゃなんだってンで?
いやいや、これこれ、これこそ新しいプログラミング言語よ!
へー、それで何ができるんですかい?
よくぞ聞いてくれたな、クマさん、こいつのすげぇところはなんでも実現できる言語ってふれこみよ!
そりゃすごい、そんじゃ一つ完璧な人工知能ってのはどうだい?できるかい?
やったことないからなぁ、そうだな200年ぐらいかかるかもナ



あのね、新しいことやってコスト削減できるならみんなやってるよ・・・
歴史からもう少し学ぶ謙虚さが必要である。
新しい技術を導入する理由はいくつかある、でもコスト削減は最後の最後で実現するものであって、コスト削減ありきで新しい技術を入れるってのは挑戦する気持ちでやらなきゃねぇ・・・

ということで、新しい技術を入れてコスト削減しようとしている全国のPMの皆様、あきらめてください。
地道にやることがコスト削減の王道です。

さて、コスト削減のための処方箋ですが
・現状の開発を分析してボトルネックを明らかにする(当然順位つけて1位から3位ぐらいまでつくるべき)
・第三者の評価を交えつつ、ボトルネックの解消をはかる(独断でやらない)
・対策したあとでかならず評価(ベンチマーク)を行い、かつ、現場に効果を伝える(改善できればエンジニアも喜ぶ)

ということで、楽しい開発ライフを!

原田宗典氏の逮捕でちょっと凹んだ

作家の原田宗典氏が逮捕された。
小説「スメル男」から入門した私としてはとても残念な気持ち。

氏の小説が暗い感じなので好きなのだけど、エッセイは腹がよじれるほど面白く、
高校、大学時代には良くお世話になったものである。

さて、原田氏は覚せい剤を所持していたようですね。
麻薬に頼らないといけないぐらい世界がつまらなかったのでしょうか。

「スメル男」に次のようなセリフがあったと記憶しています。
『お前が女だったら、行ったことの無い高みに連れていってやれるのにな』

原田宗典氏の小説はセックスの話題をかならず盛り込みます。
2000年には愛人報道もあって、かなりいやらしいお方です。
生きる気力は万全でしょう。

氏はうつ病を公言していますが、
薬に頼らずに、自分の脳内麻薬で高みに登って欲しかった。

罪を悔い改めて、以前以上のまっとうな生き方を取り戻して欲しいです。

なるかみの

なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらんか きみをとどめん

■言の葉の庭
新海誠監督の「言の葉の庭」が5月31日に封切られます。

毎作品映像美で見せてくれるのですが、物語自体は悲しいトーンの作品が多いので、
今回の作品も悲愛なんだろうな・・・と想像してみた。
1000円だし、見に行くべし。

■オブリビオン
トム・クルーズ頑張りますね。50歳間近ではなかろうか?
アクションシーンとか撮影が大変ですな。
ミッションインポッシブル:ゴーストプロトコルでの演技はちょっと無理があったような・・・

人類絶滅→ひとり残る→何かおかしいぞ→ひとりじゃない
という人類滅亡SFのようでございます。
アイアムレジェンドで人類滅亡系に絶望した記憶があるので、地雷ではあにことを祈る。

■ジュラシックパーク
久しぶりにUSJに行ったので、ジュラシックパークについてちょっと調べてみました。

・ジュラシックパーク:3D
初代作品を3D化したものらしいです。

・シュラシックパーク4
えーー、IIIで終わりじゃなかったの?
ということで、いまだにベールに包まれていますが、2014年公開の模様。


家を建築するように、組込みシステムを構築する

家の建築方法を組込みシステムを当てはめると・・・

■外観、要望を決める
家:ラフデザイン
組込:要求仕様

■構造を決める
家:間どり、骨格の設計
組込:構造設計

■機能を決める
家:家具、水周りの詳細配置設計
組込:詳細設計

■作る
家:建築(ここキーポイント、大工さんとのDIA)
組込:ハードウェア、ソフトウェア開発

■試す
家:家内試験
組込:単体試験、結合試験、システム試験

■受け取る
家:納品
組込:納品


ラフデザインから一気に家が作れるかと思ったけど、そんなに甘くなかった。
機能の設計まではどうしても必要になるので、組込みシステムにおいても、機能設計までは責任をもってやる必要があると思えた。

実装についてはDIA無いのが一番の課題やな。そもそもDIA無視してソフトウェア作るところが多すぎて、システムとして欠陥だらけになっているのが現状。

これを解決する方法が、「機動戦士Zガンダム」のモビルスーツの開発方法にありました。

Zガンダム世界でのモビルスーツの作り方は、デザイナーが諸条件とかデザインを、スパコンに突っ込むと、設計図を自動で吐き出してくれる、ある意味究極なモノづくりシステムがあるわけです。
MS作るにはデザインと条件とお金さえあればOKボタン押すだけなんですね。作成も自動でマシニングしてくれるみたいだし。カスタマイズも自由(サイコフレームも使えるよん)

ということで、今後はZガンダム式の組込みシステム開発を考えてみるのが良いかもしれん。
まぁ、誰かやってるとは思いますが、目指してもいいでしょってことで。

Appendix

プロフィール

Author:おおにし
おおにしの好き勝手エッセイ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Amazon

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。