FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanncyatte.blog52.fc2.com/tb.php/287-2efeec54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

破 再考

映画館で新劇場版ヱヴァンゲリヲン:破 TV版の放映を見たときに思ったこととか。

■ありがとう
感謝の言葉、初めての言葉
そういえば、序には「ありがとう」って言ってたのはミサトさんだけだったかな?
車が横転したとき、エヴァにシンジが乗ってくれたとき、ゲンドウに作戦継続を許可されたとき。
ミサトさんは感謝の気持ちを持てる素直な女性として存在している。
また、優しい母親のように暖かく迎え入れてくれる。

破では、
ケンスケ(海水再生工場?見学)
シンジ(カジ君に見学のお礼、レイに食事会?のお礼)
ミサト(三機同時出撃のとき、ゲンドウからの労い、アスカに対して)
レイ(シンジから弁当、独白、アスカに対して、マリに対して)
アスカ(ミサトに対して)
ミサトさんは前作同様素直な気持ちからありがとうを使っている。

レイは、ありがとう、という感謝の気持ちを初めて持ってそれが心地よい、素敵なことだと感じている。
そのため、局面局面で感謝を入れることを実践している。(覚えたてなので使いたい?)
合わせて、自分の満足を満たすための行動、電話を頼むや、食事会の企画、等外部の人間とのつながりを重視。
登校時に挨拶もしているし、シンジに対して、「もう少し、上手くなったら話す」と、自己の秘密まで持つという精神的成長を遂げている。

もう十数回と同作品をみていましたが「ありがとう」という言葉にこんなに引っかかったのは今回が初めて。

ありがとう、という言葉、なかなか出せませんよね。恥ずかしくて。
でも、とても重要な言葉だと思います。ありがとう。
感謝が、破の重要なテーマであるかもしれない。

■世界観
いろいろ情報を統合した結果、新劇場版=旧作品の続き(アスカの首絞め後に再度世界を再構築した)という考えに傾きつつあります。

今までは、まったくの分離作品としてみていましたが、やはり相関関係を持ってるんじゃないかなと考えなおし。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanncyatte.blog52.fc2.com/tb.php/287-2efeec54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

おおにし

Author:おおにし
おおにしの好き勝手エッセイ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Amazon

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。